2432円 十一州 純米大吟醸 1800ml 食品・飲料・お酒 お酒 日本酒 十一州 純米大吟醸 1800ml 今だけスーパーセール限定 1800ml,/laager1371533.html,kids-nurie.com,純米大吟醸,食品・飲料・お酒 , お酒 , 日本酒,2432円,十一州 1800ml,/laager1371533.html,kids-nurie.com,純米大吟醸,食品・飲料・お酒 , お酒 , 日本酒,2432円,十一州 2432円 十一州 純米大吟醸 1800ml 食品・飲料・お酒 お酒 日本酒 十一州 純米大吟醸 1800ml 今だけスーパーセール限定

十一州 純米大吟醸 1800ml 今だけスーパーセール限定 新色追加

十一州 純米大吟醸 1800ml

2432円

十一州 純米大吟醸 1800ml

商品の説明

北海道札幌市の酒蔵・日本清酒が新十津川地区で契約栽培している吟風で仕込みました。「十一州」とは明治時代に北海道を11ケの州に分けたことに由来する名前で、北海道を代表する地酒に育てたいと言う蔵元の思いが込められています。 華やかな品の良い香りと、柔らかでふわりとした吟味が感じられます。あと口はきれいでやや辛口なのですっきりと飲めます。お酒だけで飲んでも十分に楽しめますし、お食事と合わせても邪魔になりません。 ■スペック:日本酒/純米大吟醸 ■醸造元:日本清酒 北海道札幌市 ■原料米:吟風45% ■味わい:やや辛口 ■おすすめの飲み方:冷酒 ■日本酒度:+4 ■酸度:1.3

十一州 純米大吟醸 1800ml

お知らせ
クラシック音楽の名曲名盤この一枚へようこそ!
クラシック音楽は小学生の頃から聴き始め、3歩進んで2歩下がるような聴き方をしてきました。万年素人ですので、お手柔らかにお願いいたします。
  • もの思う葦【20211117】
    敬愛している高橋留美子先生が、人に本を薦めるのは結構難しいものですね。せっかくなら面白いと思って頂きたいですから。最近の作品じゃないですが、浅田次郎先生の・蒼穹の昴はおすすめです。それと、アガサ・クリスティ作品です。私は1つの作品にハマるとその著者の方の作品を片っ端から読む癖があります。MAO連載前のお休み期間、私は書店の"アガサ・クリスティ"棚に通い、買っては読むという毎日を繰り返していました。そ... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【80】 ハイティンク(2019L)
    ブルックナー:交響曲第7番第2楽章オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団ベルナルド・ハイティンク(指揮)Bernard Haitink2019年6月15日(ライヴ)アムステルダム,コンセルトヘボウハイティンクは、2019年9月6日のルツェルン音楽祭でのウィーン・フィルとの共演を最後に引退すると発表したので、引退直前のブルックナーとなります。ハイティンクは、2021年10月21日、ロンドンの自宅で亡くなりましたが、ブルックナーの交響曲第7... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【79】 チェリビダッケ(92L)
    ブルックナー:交響曲第7番第2楽章ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団セルジウ・チェリビダッケ(指揮)Sergiu Celibidache1992年3月31日・4月1日(ライヴ)ベルリン,シャウシュピールハウス1992年3月31日と4月1日の2日間、ベルリンのシャウシュピールハウスでおこなわれたコンサートは、当時のヴァイツゼッカー大統領直々のはからいで実現したもので、1954年以来38年ぶりにチェリビダッケが、この間関係が決裂していたベルリン・... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【78】 朝比奈隆(2001L)
    ブルックナー:交響曲第7番第2楽章東京都交響楽団朝比奈隆(指揮)Takashi Asahina2001年5月25日(ライヴ)サントリーホール第1主題は、情感豊かな音楽に始まり、弦が中心となる部分も感情がよく乗っていて求心性が高いです。しかし、もう少しテンポは遅めでもよかったのではないかという気もしますし、逆にこの速度でなければこの演奏にはここまで惹かれなかったような思いもあります。再びテューバの響きに沈潜していく場面は上... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【77】 ブルーノ・ワルター
    ブルックナー:交響曲第7番第2楽章コロンビア交響楽団ブルーノ・ワルター(指揮)Bruno Walter1961年3月11,13,19,22,27日ハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール(在郷軍人会ホール)192kHz/24bitのハイレゾで聴いてみます。第1主題は、やや速め、オーケストラの響きが薄いのが惜しいです。弦が中心になってからも速いテンポで、颯爽としているのはよいのですが、コロンビア交響楽団の弦があまり上質ではないのが気になってし... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【76】 ロペス=コボス
    ブルックナー:交響曲第7番第2楽章シンシナティ交響楽団ヘスス・ロペス=コボス(指揮)Jesús López-Cobos1989年1月シンシナティ・ミュージックホール指揮者のロペス=コボスについてウィキペディアで調べると、その経歴はサモーラ県トーロの出身。マドリード総合大学哲学科にて学位を取得。卒業後にフランコ・フェラーラ、ウィーン音楽院でハンス・スワロフスキーに指揮を師事。1981年から1990年までベルリン・ドイツ・オペラの総... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【75】 ロスバウト
    南西ドイツ放送交響楽団ハンス・ロスバウト(指揮)Hans Rosbaud1957年12月30日(放送用セッション)Loffenau Sudwest-Tonstudio残念ながらモノラル録音です。第1主題は、弦が中心となる場面の勢いと鮮烈な響きに驚かされます。その後は敬虔な、祈りに満ちた音楽を聴くことができますが、演奏は大人しくはなく、情熱的でもあります。第2主題は良いテンポです。すっきりとしていて、伸びやかで明るいです。2回目の呈示の後は、私が好... 続きを読む

プロフィール

Author:ハルコウ
クラシック音楽は小学生の頃から聴き始め、3歩進んで2歩下がるような聴き方をしてきました。万年素人ですので、お手柔らかにお願いいたします。

アクセスカウンター

検索フォーム